ブログ、おひっこししましたhttp://blog.chiisanamarket.ciao.jp/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 毎月第二日曜日は「海辺の日曜市」 | main | もの作る人々 >>

無ければ無いで…

 こんばんは。
ちいさなマーケット実行委員会です。

「失って初めて、大切さに気づく」

ということがあります。
そして逆に

「失ってみると実はそう大切じゃ無かったことに気づく」

というケースも、たしかに存在します。


私にとってそれは、たとえば携帯電話。

いつも手元に置くことに慣れてしまって、なんだか常に見てしまう。
けれど何かの拍子に手元に置けなくなると、それはそれでけっこう平気なのです。



必要最小限の生活から、
「あったらいいな」
「こんなのが便利だよ」
とニーズを創出し、発展してきたのが現代。
けれどその大半は

「不便ではあるが、無ければ無いでどうにでもなる」

という物が多いように感じます。

現在、原子力発電所を再稼働させるべきか否かの議論がすすんでいますが、推進派の意見というのは基本的に

「原発を動かさないと電気が足りなくなりますよ」

ということ。
本当でしょうか。
節電で間に合わないほど?

たとえば各自治体で日を決めて、キャンドルナイトをやるとか、電気をあまり使わないイベントを夜行うだけでも、電気の使用量は減るんじゃないでしょうか。


震災から1年がすぎ、節電が叫ばれ続けることにうんざりしてしまうという声も聞かれます。
ならば、なにか楽しいことをして、結果的にそれが切電につながるような、そんな催しができたら良いですね。


なければないでやっていく、そんな柔軟性を、みんな持っているはずだと信じております。




スポンサーサイト

COMMENT